インターネットのプロバイダ選び

光回線と同時に電話も契約

インターネットのプロバイダ選び 光回線の場合はインターネットだけでなく電話の契約も一つにまとめられるという利点があります。
最近は携帯電話もありますしメールなどで連絡を取る機会もありますしあまり固定電話は使わないという方は多いと思います。
しかし、公的な場で携帯電話の番号ではダメな場合があるので一応持っているという場合、少しでも安く抑えたいですよね。
そこで、あまり固定電話を使わないという方にこそ光回線のインターネットの契約とまとめる事をおすすめします。
基本料金は525円からですし、また市内市外問わず全国一律の料金で電話をかけられるのも特徴です。
この場合電話はIP電話となるので初期のものは050から始まる電話番号となってしまい、いわゆる市外局番から始まる固定電話の番号を持っておきたい人には敬遠されていたのですが現在は市外局番から始まる電話番号が割り当てられていますし、通常の固定電話を解約しての移行であれば電話番号を引き継ぐこともできますので電話番号を知人などに教え直す手間もありません。
インターネットを光回線にする際はぜひ検討してみてください。
ただし、電話をよくする方、特に同一市内に電話をかける方の場合ですと通話料が高くなってしまいます。
基本料金の差はあるのである程度ならこちらのほうがお得ですが、自分がどれくらい電話をするかを確認しておきましょう。

Copyright (C)2022インターネットのプロバイダ選び.All rights reserved.