インターネットのプロバイダ選び

ADSLと光回線の違い

インターネットのプロバイダ選び 現在日本のご家庭で使われているインターネット回線は大きく分けて2種類あります。
それはADSLと光回線です。
この2つが登場する前にダイヤルアップ接続といって電話回線を使用した接続方法がありましたが低速で料金も現在と違って定額ではないのでとても高く現在の日本国内での利用者はほぼいません。
海外ではまだ現役の地域もあります。
ではまずは現在の主流である光回線とADSLの違いを説明しておきましょう。
日本で本格的にインターネット回線が普及し始めたのはADSLサービスが開始されたときです。
ご家庭に初めてインターネット環境ができたのはこのADSLという方が多いと思います。
現在でもADSLのサービスは継続されていて新規の加入もできますが、主流は光通信に移ってきています。
通信回線に光ファイバーを利用していることが特徴で従来より大幅に高速な通信ができます。
現在加入できるインターネット回線としてADSLと光回線という選択肢があるのですが、利用者の視点での主な違いは速度と値段です。
より高速な回線で快適にインターネットを使いたいのなら光回線、少しでも安く抑えたいのであればADSLも選択肢にはなるといったところです。

 比べてお得!

Copyright (C)2022インターネットのプロバイダ選び.All rights reserved.